知識の本棚

読みかけの本でも読んだ本でも読むつもりの本でも、とにかく本棚に仕舞うように調べたことを書き溜める。

学問

統計学における仮説検定での検出力の考え方・検出力分析

さくっと読める 施策の効果をどうやって測るか(2) - 検出力と効果量 - About connecting the dots.検出力分析 検定力分析 by 葛西俊治2011 http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/bitstream/10130/2337/1/26_15.pdf効果量について 効果量(effect size)のはなし - 六本…

自動微分

ディープラーニング系の記事では損失関数を定義して終わりという記事をよく見る。 しかしそれでいいのかという疑問があった。 バックプロパゲーションのように、損失関数をどう微分するかが大事なんじゃないか。 損失関数を見ていたら微分が簡単そうには見え…

χ分布

正規分布に従う変数のN次元のL2ノルムはχ分布という分布に従う 要は、カイ2乗分布の確率変数のルートを取ったもの。 標準偏差の分布とかに使えそう。

最小二乗モンテカルロ法

最小二乗モンテカルロ法 金融工学の手法の一つ アメリカンオプションを評価するアメリカンオプション・ヨーロピアンオプション アメリカン…期間中権利をいつでも行使できるオプション ヨーロピアン…満期日にのみ権利を行使できるオプション ヨーロピアンオプ…

円周率の正確な求め方

BBP公式というものがあるらしい。 無限級数の結果がになることを利用する。 証明は高校数学の知識でできるという。証明:円周率.jp - BBPの公式の証明 arctanのTalor展開がもっともわかりやすいと思う。